動画配信サービスとは国内における動画配信サービスの動向

急成長している動画配信サービス

日本のみならず今や世界中で動画配信サービス会社が多く市場が上がっている分、

しのぎ合っている状況となっています。

また動画配信サービス業界の勢力図と致しましては

国内に入り込んでくる海外グローバル企業に対して日本企業が奮闘していると言う表現が正しいかと思います。

ただ細分化をすると各社毎に放送している傾向が違ったり

経営戦略が異なる事からか選択するに当たってどの様なポイントがあるのかと言う事を把握しておく

必要があります。

ですので今回は動画配信業界全体の特色や消費者に対するメリットをいくつか

ご紹介させていただきたいと思います。

人気動画配信サービスの勢力構図

世界全体での同業界における有名企業といえば資金力やブランド力の面から言っても

AmazonとNetflix が2大巨頭だと言えます。また国内においてはdTVやHuluまたU-NEXTが有名ですが、

彼らの売りは作品の多さとなっています。

またICT総研の調査によると2017年末時点における国内のネット配信サービス

利用者の数は1440万人を突破しており2020年には2010万人を超えるであろうと言われています。

ですので海外で大きな実績がある巨頭に対してこれから国内企業がどの様に立ち向かって行くかと

言う部分が興味のある部分となっております。



契約率が高い会社の人気の理由

契約率の高い動画配信サービスの理由は何でしょうか?人気の理由には色々な要素がありますが、

先ず最初の印象に残るのがコスパの良さになるかと思います。

スマホやタブレットが一台あれば場所や時間を問わずに好きな映画やドラマ、

お笑い番組が視聴できて大体のサービスが1000円を切るのでしたら確かに

コスパが一番になるのは分からない事も無いと思います。

特に初心者の場合には細かな部分の差についてまで把握をしない中で契約をする場合もあります。

またコスパの次に目に止まるのが作品の多さです。

大手企業の作品数を調べてみても正確な数値をつかむ事は難しいですが、

推定で2万~3万点と言う企業が多いと思いますので、

その中で皆様のお気に入りのジャンルが充実しているか?

と言う事を加味した作品数の多さざ選定基準になる事が多いのです。

人気サービス会社の付加価値



コスパも作品数もさほど代わりが無いと言う場合には

どの程度の付加価値があるのかと言う事も選定のポイントになって来ます。

例えばアメリカでは人気のドキュメンタリーチャンネルがあったり、

追加料金の専用チャンネルがあったりもします。

そしてこれらのコスパを見てみるとケーブルテレビよりも安価で視聴できるケースもありますし、

特に海外では普段のテレビでもドラマよりもスポーツ中継を重要視している人達もいますので、

アメフトやサッカー・プレミアリーグの放映に注力している

動画配信サービスもありますので付加価値としては十分な物と言えるでしょう。

またこれは海外のみならずに国内でもダウンタウンと取り組んだ

ドキュメンタリーやオリジナルバラエティー番組を制作・配信しているサービスもあったり、

日本初の新作映画作品を何処よりも早く放映しているサービスもありますので

各社の付加価値についても確認してみる必要があるでしょう。

国内企業の規模と戦略

海外動画配信サービスが勢力を誇る中で国内企業はどの様な活躍をしているのかと言うお話しですが、

国内企業の定額動画配信サービスではdTVやHulu、ユーネクストが有名となり、

Amazonプライム・ビデオやNetflix 等の海外組とは異なりまして、

作品数等をきちんと公表している部分が日本ならではのメリットとなります。

因みに国内大手のdTVでは12万本強に渡る作品の視聴が可能となり、

2018年6月時点の会員数は400万人となっております。

また日本テレビ系列のHuluの放送作品は5万本以上となっておりまして、

有料会員の数は約172万人となっております。

また今年度の目標である180万人を達成する為に戦略としてオリジナル番組の制作や映画配信制作、

地上波見逃し番組の配信等を戦略として取り入れています。

今後も海外企業に対する国内企業の動向から目が離せません。

\映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!/

    ■□ 映像配信サービス dTV □■

【初回31日間お試し無料】

ABEMA