事前に把握しておくべき動画配信サービスのデメリット

膨大な通信料

動画配信サービスのデメリットを語る上で欠かせないのが膨大な通信料と言うキーワードは

外す事が出来ません。

動画を見る場合に、

もしもレンタルであればプレイヤーやテレビさえあれば作品を鑑賞する事ができるのですが、

動画配信サービスを利用する場合には必ず通信量がかかります。

因みにインターネットを活用するに当たりました何が一番通信量が掛かるかと言いますと正に動画なのです。

特に映画ですと約2時間分の映像を流す訳ですのでデータ量は膨大になってしまいます。

そしてスマホですと機器以上の通信量を使用してしまと

速度制限が掛かってしまいますので遅くなってしまいます。

例えばヤフーやグーグルのトップページを開く場合でも

10秒くらいの時間がかかってしまいますのでこの

デメリットを解消する為にはwi-fiがある環境か又はスマホの容量が無制限でないとお勧めはしておりません。

支払いはクレジットカードが基本

次に動画配信サービスの支払い方法についてなのですが、

基本的にはクレジットカードからの引き落としとなっております。

ですのでクレジットカードを持っている人でればデメリットとは言えないのかも知れませんが、

必要以上にクレジットカードを使いたくないと言う方や、

ごく稀にマイナーブランドのクレジットカードだと対応をしていない

動画配信サービス会社もありますので経済的に余裕があったとして『これから動画が見放題だ』と、

ガードがないのでぬか喜びをしていると契約ができないと言う場合もあります。

また翌月の引き落としだと時間があるので逆に心配だと言う方の場合には

デビットカードであれば直ぐに引き落とされますので支払いの心配がいりません。

また最近ではコンビニなどで『I Tuneカード』の様な

動画配信専用のカードが販売されておりますのでこれらを現金で購入しておけば、

クレジットカードを使わなくても動画配信サービスを活用する事が可能になります。

ただその都度いちいちカードを買いに行くのが面倒くさいと言う方の時には

動画配信サービスは色々なシーンで活躍ができるからこそクレジットカードを1枚作っておくと良いでしょう。



動画配信は期間が決まっている

もしご自宅で購入された映画やドラマがDVDの場合には

テレビやDVDレコーダーが壊れたとしても買い換えれば半永久的に動画を見る事ができます。

しかし動画配信サービスの場合には上記の様に半永久的に見れると言う事ではありません。

これはどう言う事なのかと言いますと全ての作品ではないのですが、

配信されている動画には期限があってその期限を過ぎた場合には

タイトルをサーチしても検索されずに視聴する事ができなくなる作品もあります。

ですので直ぐに見れなくなると言う事はありませんが、

作品と皆さまが加入されたタイミングによっては

『入会して視聴したい作品が見つかったのだけれども直ぐに見れなくなってしまった』

言う風に感じてしまう場合もあると思います。

また配信期限については分かりやすい所に大きく記載されている訳ではなく、

中には目立たない箇所にひっそりと記載されている場合もありますので注意が必要となります。



特典動画が見れない

皆さまは特典映像がどの様な物なのかをご存知ありますでしょうか?

皆さまも過去にDVDをレンタルされた事があるかと思いますが、

よくパッケージに『特典映像付き』と書いてある物があって、

それを見たくてレンタルする場合もあります。

具体的には撮影のメイキング映像やオフショットなど撮影の裏側を映像化した物などが多く、

本編を更に楽しめる様な物になっております。

概ねこれは動画配信サービスでは見れない映像となりますので見る事はできません。

ですので特典映像をご覧になりたいと言う場合にはDVDレンタルをお勧めします。

録画が可能であれば必要はない

もしも皆さまのご自宅でテレビ番組を録画できる環境があるのでしたら

動画配信サービスを契約する必要はないといえます。

これはどう言う事なのかと言うと動画配信サービスの中には

国内のドラマやバラエティ番組がラインナップされている事が多いのですが、

そもそも無料で見れるテレビですので興味本意で動画配信サービスに契約してしまうのではなく、

ご自身が見たい番組を見れる環境にあるのではないかと言う事を再度確認をしてみましょう。



ABEMA